産み分けで男の子を産む原理と方法

男女の性別が決まる仕組みを理解して産み分けを成功させよう

染色体の種類が性別を決める

男女の性別は、精子の染色体の種類と、卵子の染色体の種類の組み合わせによって決まります。

 

精子、卵子の染色体の種類
 精子…X染色体 or Y染色体 のどちらか
 卵子…X染色体 のみ

 

男女の性別を決める組み合わせ
  精子     卵子      受精卵
 X染色体 + X染色体 = XX染色体(女の子) 
 Y染色体 + X染色体 = XY染色体(男の子) ←男の子を生むにはこちらが必要!

 

上の仕組みを見ればわかりますよね?
(便宜上、X染色体=X精子、Y染色体=Y精子と呼びます。)

 

子供の性別は、精子側の種類で性別が決まり、
男の子を産み分けるには、Y精子を受精させる必要があります。

 

つまり、Y精子が活動しやすく、受精しやすい状況を作る必要があるということです。

 

世の中の産み分け法というのは、この状況を作り出すことに主眼を置いています。
逆にいえば、この状況を作り出すことができれば、男の子を産み分けることができるということですね。

 

もう少し、詳しく説明します。

 

もともと、膣内環境は雑菌からの防御のため、酸性側に傾いています。
Y精子はX精子よりも周囲の環境(ストレス)に対する耐性が低く(染色体自身の生命力が弱い)、対策を施してやる必要があります。

 

精子の種類 酸性に対する耐久性 寿命
Y精子(男) 弱い 短い(1日程度)
X精子(女) 強い 長い(2〜3日)

 

そう、通常ならば理論的に言うと女の子の方ができやすいのです。

 

※では、なぜほぼ男女均等に生まれるかという疑問がわきますが、これはY精子の数の方がX精子よりも多いからという理由があります。

 

では、具体的にはどういった環境を作る必要があるのでしょうか?

 

男の子を産みやすい環境にするにはどうすればいいの?

Y精子は、酸性環境に弱いため、周囲の環境をアルカリ側に持っていくとY精子の受精確率が上がり、男の子が生まれやすくなります。
女性の膣内は、通常酸性側に傾いていますが、排卵の時期はアルカリ性に強く傾いて、Y精子が受精しやすい環境になります。
産み分けにはタイミングが重要と言われる所以ですね。

 

また、膣内環境を男の子を産むためのベストな環境(アルカリ側)に持っていくには、単純にタイミングだけではなく様々な方法があり、それぞれ対処しておく必要があります。

 

以上は大まかな概要ですが、より確率を上げるには正確な方法を把握しておく必要があります。
せっかく産み分けを試みるのですから、中途半端なやり方で失敗してしまったらもったいないですからね。

 

この産み分け術では、
「男の子を産む確率をできる限り上げるための方法」がより詳しく書かれています。

 

当サイト限定特典をチェック >> 特典詳細について

 

>>限定特典付き奇跡の男の子産み分け術の詳細を見る

 

次ページ
産み分けが成功する確率を上げるには?>>

 

おすすめの産み分けグッズはこちら

女の子がどうしても欲しいならコレ
>> 女の子の産み分け用のピンクゼリー
10928

男の子がどうしても欲しいならコレ
>> 男の子産み分けようゼリー【ベイビーサポート】





本サイトだけ特別な特典があります!
>> 本サイト限定の特別特典はこちら
>> 奇跡の産み分け術の詳細はこちら